初めての建設機械の購入。どう選んだらいいのかよく分からないお客様もいらっしゃいますよね。

建設機械といってもたくさんの種類があります。

一般的に有名なバックホー(ユンボや油圧ショベル)や、タイヤショベル(ホイルローダー)、ブルドーザーなど様々な機械の総称を建設機械としています。

弊社では主にバックホーとタイヤショベルを扱うことが多いですが、やはり売れ筋はバックホーです。

バックホー

以下に選び方のポイントを記載しておりますので一度ご覧ください。

ふわっとイメージができたところで今度は一緒に選んでいきましょう!

1.用途と強みを知ろう

 

まずはどんな事をしたいのか、用途に応じて機械を選びましょう。

 

バックホー

バックホーの場合は、穴を掘ったり、整地したり、荒地の開拓をしたりと多種多様な用途に使うことができます。

武器はやはりバケットを使っての掘削と排土板での整地などですね。また、地盤が悪いところでも足元がキャタピラーのため、よほどの泥沼でない限りはスタックすることはありません。

農家さんなどは一家に一台の軽トラと同じくバックホーもお持ちの方が多いです。

参考までに、弊社の第二置場を整地しました際にもバックホーは大活躍でした!

バックホー 整地       バックホー 整地

ただし、バケット容量はタイヤショベルと比較すると小さく、足がクローラーの為かけっこは苦手です…。

 

タイヤショベル

タイヤショベルの場合は、機動力を生かしての除雪や農場などで堆肥を運んだりと、足を使った仕事ができることが強みです。

地上にあるものを大容量のバケットですくってダンプなどに積み込みしたり、対象物のスピーディーな移動ができる点も特徴です。

冬季は駐車場の除雪などで、0.4クラスのタイヤショベルを店舗オーナーさんなどが購入されることも多いです。

土場での砕石の積み込みなども、バックホーより速いので砕石積み込み用としてお使いのお客様もいらっしゃいます。

しかしながら、地面の下を掘ることはできず、足がタイヤの為悪路は苦手です。

2.大きさを選ぼう

バックホーを例に挙げますと、今の機械は機種名が重さの表示になっていることが多いです。(一部例外はあり)

例えばクボタのU-008ですと一般的に800kgクラスのミニミニクラスと言われます。
同様にU-30−5・RX306などは、3トンクラスのミニバックホーになります。

人気のサイズとしてはVio20やSK20URなどの2トンクラスが弊社では一番人気のサイズになります。
理由としては維持費が安い2トンダンプや2トン積載車への積み込みが出来ることから移動もしやすく、人気という訳です!

他にも庭いじりなどで使いたいというお客様は700〜1000kgクラスが人気ですし、設備屋さんはミニミニクラスと3トンクラスの二台持ちが好まれるなど、使用の用途によって選ぶのがよろしいかと思います!

どんな機械にしようかお悩みの際もお気軽にご相談ください。最適な機械を実際に弊社在庫品を見ながらご提案します。

3.アタッチメントとは

バックホーではバケット以外にも、ハサミ(ツカミ)・ブレーカー・油圧ハサミ・林業用グラップルなどがあり、これらの総称をアタッチメントと言います。

ただし、どんな機械でも全てのアタッチメントが付けられるという訳ではありません。各アタッチメントに応じたオプションパーツ装着や、補強材料の溶接加工などが必要となってきます。

例えば、アーム横までの配管が装着されていない機械にブレーカーをつけることは出来ません。

伐採した木などを掴んだりするにはハサミが役立ちますが、これはアーム補強を行えばどんな機械にも装着可能です。

また、現在はバケットを取り付けたままでも、アーム内側にハサミの片側のような部品を溶接加工し可動できるようにすることで簡易ハサミと呼ばれる加工をすることも可能です。

基本はバケットでの作業が主ですが、他にも使えるアタッチメントがあるということもお伝えしておきますね。

 

4.実際に見る・動かす

初めての方でも問題ありません!

横乗りで操作方法をレクチャーするのでお客様ご自身で動かしていただけます。

バックホーやタイヤショベルは、操作レバーがたくさんあるために運転が難しいように感じられますが、動かしているうちに無意識に操作ができるようになります。

お客様に『クレーンゲームみたいですね!』と仰っていただけましたが、まさに最初はそんな感じです。A地点からB地点に土を移動するなどの動作から初めて、慣れてくれば微細な操作が可能になります。

 

ここまで簡単にではありますが、建設機械の選び方をお伝えさせて頂きました。もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせ下さい。